uayeb

uayeb

uayebはマヤ暦の「無名月」

uayeb RSS Feed
 
 
 
 

王冠に入ってるスーパーカー

「素敵よ!」
当たるわ! 当たるの!
チャ、チャ、チャンスのコカ・コーラ

ってCMが昔あってね(ピンクレディーがやってた)。
まだ飲料はビンが基本だった頃。
王冠の裏蓋を開けると、100種類のスーパーカーのどれかの絵が
書いてあり、たまに●円とかかれたアタリがある、というキャンペーンを、
コカコーラがやったのでした。

100種類のスーパーカーは、フェラーリが308、ディノ、512BB、ほか。
ランボルギーニはカウンタック、ウラッコ、ミウラ、イオタ、ほか。
世界のそうそうたるスーパーカーが並ぶ中、日本メーカーにも
配慮して、1社1台が入っていた。トヨタ2000GT、日産フェアレディZ
くらいまではまあいいとして、マツダコスモ、三菱ギャランラムダ
まではまあ、がんばって高級車、いすず117クーペはデザイン
がんばった、だがホンダアコード、スバルレオーネ、ダイハツシャルマン
とくると、ふつうの乗用車じゃん、というところ。で、100種類のリストの
トリは、

スズキフロンテ7Sカスタム

排気量443cc、26馬力(カウンタックは5000cc、380馬力)。
唯一の軽自動車だったこともあり、その排気量の小ささ、馬力のなさは
群を抜いていた。

なにしろ子供ですから、スペックやデザインをみて、「スズキって、
だっせー」と思ったものでした。なにしろ比較する相手がカウンタック
ですからね。

そんなスズキは、いまやある意味日本をを代表する優良企業。
他の自動車会社の資本参加なしでやっているのは、いまや
トヨタ、ホンダ、三菱とここだけだ。
インドでの成功、エコ・CO2排出削減もあって今後ますます注目されよう。

でも、ぼくは、スズキと聞くたびに、100台のリストのトリで
圧倒的なショボさを誇っていたスズキフロンテを思い出してしまうのです。

コカコーラの、日本メーカーは全社何か採用する、みたいな仏心?
が、結果的にはスズキにとっては大きなブランドイメージの損失に
つながった気がする。

Leave a Reply

  • 744350 Visitors

  • twitter

    Pages

    カテゴリー

    メタ情報