uayeb

uayeb

uayebはマヤ暦の「無名月」

uayeb RSS Feed
 
 
 
 

いまどき珍しい内外価格差

マイクロソフトが、Windows 7の「ファミリーパック」というのを
発売するそうです。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/24/030/index.html
3台までのパソコンにWindows 7 Home Premiumをアップグレード
インストールできると。
普通にHome Premiumのアップグレード版を買うと1個16590円だから、
3つだと49770円のところ、23999円! 半額以下。これは相当安い。

のだが、ファミリーパックの話、前に英語版Windows 7の話で聞いた
ことがあり、それはもっと安かったような……と思って調べたらやっぱり!

http://news.cnet.com/8301-13860_3-10300835-56.html?tag=TOCmoreStories.0

149ドル。今ドル円は90円だから、1万3500円ですよ。
1つあたり、実に、4500円!

それに比べると、日本版は1個8000円。おい、ずいぶん高いじゃないか。

と今頃気づく自分もどうかしている。

そもそもWindows 7の価格は、英語版より日本語版で40~55%も高い!
そういえば、昔、Windows XPの時も、日本語版が高いうえに出荷が
遅いということで、英語版を輸入したんだったなぁ。しかし、いまどき
同じ商品にこんな価格差があるって、どういうことなの? 昔は
PCとかパーツとか、輸入して売ると楽にもうかる、という時代もあったけど、
日本で買ったほうが安くなって久しいのに。

このところの円高のせいですかねぇ?

いずれにしても1個4500円は魅力的すぎる。
英語版だと、微妙に不具合あったりすることもあるんだけど…。
個数限定なので買えるかどうかもわからないんだけど……。
悩む。

Leave a Reply

  • 772328 Visitors

  • twitter

    Pages

    カテゴリー

    メタ情報