uayeb

uayeb

uayebはマヤ暦の「無名月」

uayeb RSS Feed
 
 
 
 

めふん

昨日は、代田橋の沖縄商店街にある「しゃけ屋」に約1週間ぶりに行った。
これまで、トバ(腹の部分の燻製?)、チュウ(胃腸? の塩辛)と食べてきたが、今日は引き続き、めふん(腎臓の塩辛)に挑戦。

大きく切ったキュウリといっしょに出てきた。
キュウリの先に少しつけてなめてみる。

うっ、うぐっ。

アンモニア臭いよ。……これは……つらい。

そういえば。スコットランド名物にキドニー(腎臓)パイというのがあって、でもこれは相当独得の臭みが強くて、スコットランド人でも食べられない人が多い、という話を聞く。私は一度、どこかで、これはキドニーパイだ、というものをひときれ、おそるおそる食べたことがあるが、そのときは、全然普通のミートパイという感じで、拍子抜けしたことがある。なんだこんなものか、と思いつつ、いやこれは、日本人向けにキドニーを減らしたものか、そもそもこれがキドニーパイではないという可能性のほうが高いだろうなとは思ったのだが、

やはり腎臓に手を出すべきではなかったか。

ただ、昔はイカの塩辛でもぜんぜんまずくて食べられなかったのに、今は(別にたいして好きではないが)普通に食べられるので、いつかはこれも慣れるものなのだろうか? 年をとると、子供の頃から食べてきた普通においしいものに飽きてしまって、普通に考えたらまずいものばかりを食べるようになるのだろうか、などと極論してみる。いや別に、子供の頃から好きなものは今でも飽きずに好きだから大丈夫か。

PS. wikiによると、キドニーパイは、腎臓のほかに肉も加えたパイ、みたい。そんなにクセはないものらしい。私が、スコットランド人でも…と言ったのは、ハギスのことでした。羊の胃袋に、心臓、肝臓、肺 などを入れて蒸したものだそうで……それは食べたくない!

Leave a Reply

  • 759027 Visitors

  • twitter

    Pages

    カテゴリー

    メタ情報