uayeb

uayeb

uayebはマヤ暦の「無名月」

uayeb RSS Feed
 
 
 
 

モトローラ買収の影響を考えてみる

グーグルがモトローラのモバイル部門を買収。パテント目的だとか、いろいろ解説があるが、まず最初に誰もが懸念するのは、これまで「パートナー」だった携帯電話機メーカーと、今後は競合することになるんじゃないかということだろう。

特に、アップルの時価総額がエクソンを抜いて全米一になったこととからめる報道は、いかにも、googleも携帯電話売って時価総額でアップル抜きたいに違いない、という筆者の憶測が行間からにじみ出ている。

実際、グーグルの収益のほとんどはずっと検索広告であり、次の柱を求めたとしても、おかしくはないような気もする。

ではグーグルは今後、手のひらを返したように、自社携帯をがんがん売ることに注力し、アンドロイドのパートナーには冷たく当たるようになるのだろうか?

ここでひとつ参考になると思うのが、インテルの例だ。

インテルはチップセットメーカーを閉め出した

ご存じのとおりインテルはCPUメーカーとして有名だが、インテルCPUを使うための「チップセット」も、事実上独占している。昔はサードパーティのチップセットメーカーもたくさんあったのだが、Pentium 4が出たころから、ライセンスを厳しく問うようになり、事実上ほとんどのメーカーがインテルCPU用チップセットのビジネスから退場している。

これを下敷きにすると、グーグルは、モトローラ以外の携帯に対して締め付けなり情報統制なりを行い、事実上閉め出すという戦略を取る、かもしれない。

ただ、インテルがチップセットメーカーを閉め出したのは、チップセットというのがパソコンの機能を決めていく上できわめて重要なパーツであり、そこで他社に主導権を取られてしまうと、自分は単なるCPUというパーツを提供するだけの存在になってしまう、という危惧があったと思う。

ひるがえって、グーグルが、他の携帯メーカーを、たぶん非難囂々となってでも閉め出さなければならないほどの理由があるだろうか。

パソコンにおけるCPUは、性能を左右はするものの、パソコン全体を規定するものではないが、スマートフォンにおけるAndroid OSは、そのスマートフォンの機能や使い勝手をかなり大きく規定する。つまり、Androidを押さえていれば、Androidスマートフォンの進化の主導権は握っておける。

主導権を握った状態であれば、他社にアイデアを出してもらうことは、むしろさまざまな可能性の追求につながり、プラットフォーム全体の魅力とシェアアップにつながる。

しかしマザーボードメーカーは閉め出さなかった

インテルの例でいえば、チップセットではなく、「マザーボード」のビジネスが、今回のグーグルにおけるモトローラ端末のビジネスが、アナロジーとしては適当だと考えられる。

インテルは、チップセットのみならず、パソコンの事実上の骨組みともいえる、マザーボードも自社で製造している。だが、同社は、他のマザーボードメーカーを閉め出そうとはせず、むしろ積極的に情報を公開している。このサイト http://www.atomicmpc.com.au/News/148502,intelfoxconn-alliance-could-cripple-asus.aspx によれば、インテルのマザーボードの製造数は年600万枚、これに対して、トップメーカーのAsusやGigabbyteは1900万枚ほどだという。

積極的にシェアを取りに行く気がないのなら、なぜわざわざパートナーと競合する製品を作るのか? 上のサイトによるとそれは、価格のコントロール権を持つためだという。

すなわち、インテル純正という、マザーボードピラミッドの最上位の製品は、当然最高の価格をつけられる。他社製品は、これより低い値段になる。競合(AMD製CPUを搭載できるマザーボード)が発生した際、自社マザーの価格を引き下げれば、必然的に他のメーカーのマザーボードの価格も下げざるを得なくなり、全体の価格をコントロールできるというわけだ。

この解説が正しいかどうかはわからないが、今回の買収で、グーグルはAndroid携帯市場における価格決定権を多少は手にすることはできるだろう。

「現場のリアリティ」がほしかった?

私はもうひとつ、インテルは、パソコンという最終製品を、実際に作り込むことによって得られる知見を重視しているような気もしてならない。CPUとチップセットを作って、はいあとはみなさん作ってください、では、製品を作っていく上で発生するさまざまなトラブルや改善の芽を、自身がチェックする機会を失ってしまうからだ。

グーグルはこれまで、HTCやサムスンなどに、新OS搭載機のリファレンスモデルの製造を委託してきたが、いかにパートナーとはいえ、自社ではない。端末メーカーを配下に納めれば、情報漏洩等を気にせず、フットワークよく、新しいアイデアを物に落とし込んでいける--このスピード感がないと、垂直統合のアップルと対抗するのに遅れを取る、と考えたとしてもおかしくないようにも思う。

結論としては、端末市場へのグーグルの影響力は高まるものの、それによって他社が脅かされることはそれほどないと、私は考えている。

ただそれはあくまで、グーグルに検索広告という強力な収益源がある限りである。もしそれがなくて、端末を販売することが同社にとって死活問題になるような状況になると、話は変わってくるだろう。その昔、一度は互換機の製造を認めながら、あるときから順次廃止し、自社だけがとあるパソコンを完全にコントロールできる状態にし、アイデアと経営資源を集中することで復活の道筋をつけた企業の例もある。

昨日に行けるタイムマシンがサービス開始

「あの日に帰りたい……せめて昨日に」「わかった、任せろ」「ええっ?」

相対性理論によれば、超高速で動く物体においては、時間の流れがゆるやかになります。したがって、宇宙船技術が発展し、亜光速で運行できるようになったときには、人は、宇宙船に乗って宇宙を旅したのち地球に戻ってくることで、普通に地上で生きていたら見ることができない未来にたどりつくことができます。これは、遠い将来ならひょっとして実現するかも、という「未来へ向かうタイムマシン」といえます。

それに対して、過去に行くことは困難です。原理的には、光速より速く動く物体に乗り込めば、時間を逆行できるはずですが、そもそもこの世の物質を光速を超えて加速することはできないとされています。

ブラックホールのワームホールを使って云々、というワザを使えば、過去に行くことはできるようですが、そもそもブラックホールの中に生身の人間が無傷で行き来できるとは思えません。つまり、過去に向かうタイムマシンの実現可能性は、遠い将来を考えてもほぼ絶望的です。

しかし、そんなことはわかっていても、どうしても過去に戻りたい、昨日に帰りたいという人はあとを立ちません。あなたもそう思ったことがあるでしょう。

朗報です。ついに、昨日に戻る方法が、私たちの前に姿を現します。えっ、さぞかしお金がかかるのでしょうって? いいえ。10万か20万か、それくらいです。

どうすればいいか。10月31日以降、いつでもいいです。深夜の羽田空港に向かってください。0時30分発のNH1061便に乗ったら、しばし眠りについてみましょう。目が覚めたとき、あなたは前日のお昼にたどりついています。そう、ついに時の流れを、半日ではありますが、さかのぼることができるのです!

消費税

IMFが日本に消費税率15%を提案

一瞬、おっ、いよいよ外圧利用が来たか?

とも思ったけど、IMFに日本人の理事がいるといっても
24人のうちの1人だし、財務省が圧力かけようと思っても
そうそうかからなさそう。

ここは深読みせず、単に、世界の金融不安定の種に対して
懸念を表明したという理解でよいかな。

で。消費税の是非ですが。

アメリカや西欧で消費税率20%というのを体験してると、
日本が5%じゃ、そりゃ足りないわ、という気はする。

国家財政がパンクしたら、ひどい目に遭うのは、海外に
巨額の資産を逃がしてるわけでもない私ら一般国民な
わけなので、私は10%といわずさっさと15%くらいにすれば?
と思っていました。
しかも、早くしないと、借金どんどん増えるんだから、 とにかくすぐ!

でも、副作用ひどそうだね……。
本とか、買い控えられちゃいそう……。
住宅ローンに影響ないのだけが救い。

しかし、15%にすれば国歌財政の悪化は食い止められるのか?
そうじゃないようです。

大前研一さんの分析です。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100714/236758/

さらに大胆な歳出削減をしたうえ、消費税は最終的には25%、という結論。
厳しいのう。

ここで難しいのは、借金をどこまで減らすべきかという点。
今のように、毎年の予算を組むのに四苦八苦するような残高では問題だけど、
GDP比100%くらいならいい?
150%でもいい? いやせいぜい50%??

それはあれか、金利次第か…。
今後も低成長が予想される日本であれば、150%くらいまでは
許容されるのかな??

九段下にこんな謎が!

久しぶりに「実はこうなってる」系でびっくりした。
九段下駅の都営新宿線と半蔵門線が実は1つのホームを
分割して使っている、という。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100618/232443/?P=4

猪瀬さんの寄稿。前段の話は、例のまぼろしの新橋駅の話で、
これはまあ、またか、という話ではあるが、こっちは初めて読んだ。

というか、ちょっと前まで職場が九段下だったから、都営新宿線の
九段下は毎日使っていたのに、この、図で見ると縦切りの違和感満載の
ホームに、特に疑念も抱いていなかった。あのでっぱりは、半蔵門線の
階段の出っ張りだったのか! と今更納得するていたらく。

ただ、この記事には、どうして営団(当時)と都営が1つのホームを
分けて使うことになったのかが書かれていない。ので、wikiを見ると、
なるほど。この九段下~神保町の区間は、新宿線と半蔵門線が
並行して走っている。鉄道建設公団? は、工事費の節約のため
だろうか、4線分をまとめて1つのトンネルとして作ったようである。

それは確かに合理的な判断だが、しかし謎は残る。
トンネルは1つでも、2つの別の会社の線路を敷く(軌間も違う)
んだから、そもそもホームを共用するという発想が出てくるほうが
おかしい。それぞれ手前で線路をふくらませ、
島式のホームを2つ作ればいい。そうすれば、「別会社の
階段のためにホームが狭くなって、利用者に危険を強いる」
こともなくなる。

わざわざこんな構造にしたというのは、最初から、将来的に
中央の壁は取っ払う前提だったとしか思えない。

こんな構造を許可したということは、営団、都営双方とも、
将来的には統合することを拒否する気はないということではないのだろうか。

……ただ、統合しなくても、改札なしで行き来できる駅(ノーラッチ)にする、
というのでも、十分利便性と安全性の確保になる気がするんだけどな。

最近はノーラッチはなくす方向だから難しいか。

梅雨礼賛

午前2時、東京。

梅雨らしい、穏やかなまま、
このままいつまでも降り続きそうな雨が
窓の外で音を立てています。

雨そのものは、落ちてくる最中は音はしない。
どこかに当たって初めて音になる。
傘。路面。庇。屋根。木の葉。肌?

集められた水は二次的な音を立てる。

雨樋を流れた水が、地表そばの排水口で砕ける音。

屋根の上で極細の川を作った後、滴となって
軒下に落ちる水の、ぽつりぽつりという定期的な音。

木の葉に乗った水が風に煽られ、下の葉に
飛び乗るときの音は、風と葉のささやきとともに。

水たまりは、落ちてくる雨を、路面とはまた違う
かすかな摩擦音で受け止める。

そんなこんな音が重なりあって形成される雨の音、

聞くのに最適な場所はどこ。どんな建物。どんな環境。

いま僕は、木造の家の二階で、
雨に冷やされた冷たい空気に網戸越しに当たりながら
路面と建物に当たる雨の音に耳をそばだてている。

今日はちょっと外に出る気力がもうわかないが、
本当は、徒歩2分の小さな神社に行けば、
雨に彩られた樹木と、雨に覆われた土の地面とともに、
雨尽くしを愉しめる。

鉄筋コンクリートのぴかぴかビルの大きな硝子窓から眺める雨も
キレイではあるが、しっとり・しんみり・しんなり度はもうひとつだ。

日本人の原風景には雨が降っている、と小松左京が書くとおり、
雨を愉しむならやはり昔ながらの木造の日本建築が最高、

と書こうとしたが、

よく考えたら、東南アジア風の木の家でも似合いそうだ。

いや、新宿御苑の台湾建築(石と木だ)で眺める雨も最高だった。

違う、自分が一番好きな映画の雨のシーンは、
ストーカー(タルコフスキー)の中の、ロシアの朽ち果てた
石造りの建物だった。

おや、話がまとまりません。

でも、夜も更けて参りましたので、続きはまた次の雨の日に。

そういえば城ヶ島行ったことない

雨が止まないので寝るタイミングを逸しているわけですが、
雨の歌はたくさんあって、
今の気分は

雨は降る降る 城ヶ島の磯に…

最初にヒットしたのはこれだそうで、

http://www.youtube.com/watch?v=oTHIr_mJHq0
作詞は白秋ですか。

もう1曲くらい、雨行きますか。

雨のエアポート。

http://www.youtube.com/watch?v=L8_3IkWFdF4&feature=related

いや、実は曲名しか知らずにyoutubeで検索かけてみました。

なんというか、「空港」とか「国際便」に、新鮮な響きがあった
時代がうかがわれていいですねえ。空港と言えばいいのに
「エアポート」とか、「誘導路」とか「ジェット便」とか「エトランゼ」とか、
勘弁してください><

おやすみなさい。

リニア長野県迂回はありうるか?

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100428/biz1004281219006-n1.htm

リニアが3年ほど延期で、名古屋開通が平成40年ごろ。

理由は、新幹線の乗客数落ち込みでJR東海の予算が厳しくなったからのようだが、雰囲気的に「長野がごねてるから?」と思う人も少なくないんじゃないだろうか。

で、5日も前の記事で恐縮ですが。

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100322/lcl1003221801001-n1.htm

リニア長野迂回、という話を、よりによって長野支局長の人が書いている。

前から2chではよくネタとして上がっていた話ではある。

なるほど、長野を通らないようにルートを組むことはできる。
山梨県から南にカーブし、静岡県北部の山岳地帯を抜ければいい。
静岡の山奥なので、静岡県は、駅を作れとは言わないだろう。
静岡県にとっては、リニアができれば新幹線は中距離の移動手段になるので、今通過されて悔しい思いをしている「のぞみ」はなくなるか、もし残っても、静岡に原則止まるようになるだろう。
つまり、早くリニアにできてほしいわけなので、JR東海と利害が一致する。

そんなこともありうるのか、とも思ったが、地図を見ると、問題が多そうだ。

まず、このルートにすると、岐阜を通らなくなる。今度は岐阜が大騒ぎするだろう。
……ただ、岐阜はその後の大阪延伸の際にもかすらないから、いくら騒いでも無視、という選択肢はあるかもしれない。

もっと問題なのは、路線長がかなり長くなることだ。ざっと見た感じでは、A/Bルートほどにはならなさそうだが、それでもかなりのダメージだ。A/Bルートだったら、長野県に差額負担を要求するのは筋が通った話になるが、このルートだと全額JR東海だろうから、ただでさえお金がないところにこれはつらい。

そうしたことを考えると、JR東海としても、たとえブラフとしても、このルートを口には出せない事情がうかがえる。

また、トータルで見ても、山梨の次は名古屋まで駅がないことになるのでバランスも悪い。現行案では、飯田と中津川にとってプラスになるが、静岡迂回ルートだと首都圏と名古屋だけが恩恵を受ける形になる。

つまり、「第4の有力候補」ではけっしてない。が、「長野を通ることがどうしてもできない」ような状況下では、検討に上ることはありうるだろう。

しかし、仮にそんな状況になったら、飯田地方の人々は大激怒するだろう。場合によっては、南長野がまとまって静岡か愛知への越境合併、または、長野からの分離独立を言い出すかもしれない。越境合併は、逃げられる側と受け入れる側の両方の合意が必要だったと思うので、長野がうんと言わないとダメだが、それはないだろうから、すごい泥沼になりそうだ。

県内をそんな分裂した状況にするくらいなら、最終的には長野はC案で折れるのではないだろうか。そこまで見据えて、第4の案を口にするという、リスクのある戦略をJR東海がいつ取るかが、今後の注目と言えそうだ。

アセンブラの生産性

昔、アセンブラの生産性を画期的に上げる開発環境、というのを作ったことがありました。
MZ-80という8bitパソコン用で、CPUはZ80でした。

アセンブラの何がいやかって、1命令でできることが限られているので、すぐ縦に長いリストになってしまい、見通しがとても悪いことです。

1行に、複数のニーモニックを並べられたらいいのに。

さらに、どうせ「足す」とか「移動」とか「比較」とかしかしないのに、ニーモニックが長ったらしい。

ちょうどそのころ、GAME言語というのがありまして。
GOTOは#、CALLは! という具合に、なんでも記号化してしまうのですが、これを応用すればいいんじゃないかと。

たとえば、BASICの

10 for i=1 to 10: next i: print “end”

を普通にZ80のアセンブラで書くと、

LD C,10
LD A,1
LABEL1:
INC A
CP A,C
JRNZ LABEL1
LD DE,LABEL2
CALL xxx (←システムコール)
HALT
LABEL2: DB “end”, 0


とかになるわけですが、これを私の作ったシステムで書くと

10 C,10 A,1
20 +A ;A,C #N20
30 P,^40 !xxx %HALT
40 “end” $0

とかになるわけです。ほら、行数少ないから見通しがいいし、無駄なニーモニックがなくレジスタや数値が前面に出てわかりやすいでしょ?

(言語仕様ちゃんと覚えてないので、細部は違ったかも。LDは書かない、という仕様が画期的! と自分では思っていた)
(BASICやGAMEみたく、行番号があるんです)

(^ は、行番号の場所をアドレスと見なす指定。PはDEレジスタを示す)

某パソコン誌に投稿したのですが、紙面掲載には至らず。
まあ、MZ-80Bというのもすでにマイナーだった時期ですし、PC-8001用だったらひょっとして、と思わなくもないのですが。
それはともかく、アセンブラの生産性って、このときから全然進化してないような気がするのですが……。

アセンブラで書く必要なんかないからいい、ってことなんでしょうかね?

それとも私のこの処理系、わかりやすくなってないですか?

よし、bizzfizzも書いてみましょう!

……あでも、z80って割り算命令ないから、「3で割り切れるかどうか」の判定ってどうやればいいんだろう。

アンドロイド

Androidから初めて投稿しています。
キーボードまあまあ打ちやすいけど、カット&ペーストがないとは~~

普天間大詰め

普天間移設問題が大詰めを迎えているようだ。

報道を集約すると、政府はシュワブ陸上部にヘリポートを作り、最終的にはホワイトビーチ沖に人工島を作ってそこに移す、航空機の演習は県外の島に移設。現行普天間の発着回数の半分以上を沖縄県外に持って行くことができ、「普天間を半分以上沖縄県外に移設したことになる」という決着を狙っている、ようである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000025-san-pol

これに対して、地元の地主さんや区が、シュワブ陸上部に移転するなら土地の賃貸契約を更新しない! という方針だという報道が出ている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000002-ryu-oki

軍事評論家の神浦氏は、このような分散移転は軍事的常識からしてどうしようもない、という手厳しい批判を展開している。

http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_378.html

軍事には素人だが、読む限りにおいてはもっともだと思うし、ヤフーニュースの「普天間移設先候補&可能性一覧 」でも

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/futenma/

(↑下の方に表がある)

でも、シュワブ陸上案は、米軍が求める3つの条件のいずれも満たさない、となっており、その面でも無理があるように思える。

八方ふさがりなのか?

しかしここで気になるのが、神浦氏の数日前のコメント:

http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_375.html

「すでに私の代案は書いたので、今日は改めて書かないが」というくだり。神浦氏の過去の「沖縄問題」カテゴリーの書き込みを読み返しても、代案らしきものは(私が見落としてなければ)見つからない。

ただ、以前、キャンプハンセンに言及していたことがあった気がして、探し直したら、見つかった。なぜかカテゴリーが沖縄問題ではなく「イスラエル」 になっている。道理で見つからないわけだ。こちらである。

http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_343.html

出てくる案を片っ端から徹底論破している神浦氏が、この案にだけは、プロの案として検討する価値がある、と書いている。これが、「代案」なのだろうか。他に見あたらないので、いちおうそう考えることにする。

さて、そこで不思議なのは、この話がほかにはほとんど出ていないことだ。上で触れた、ヤフーの移設先一覧にも、キャンプハンセンは挙がっていない。

軍事の専門家の方が、これならば、という案が、なぜ表に出ていないのだろう?

ひょっとすると、 この案こそが、鳩山首相の本命案で、その調整をする間のカムフラージュとして、シュワブ陸上部といった煙幕を投げているだけ……であればいいのだが…。

  • 798890 Visitors

  • twitter

    Pages

    カテゴリー

    メタ情報